中古カメラを高額買取してくれる業者を集めました

HOME » 人気メーカーのカメラ買取相場を大調査! » オリンパス・ソニー・パナソニックなど

オリンパス・ソニー・パナソニックなど

オリンパスのカメラ買取相場の紹介と、オリンパス・ソニー・パナソニックの人気の機種モデルや特徴について解説します。

オリンパスのカメラの買取相場

  MF一眼レフ MFハーフ一眼レフ
Sランク 6,000円~100,000円 20,000円~45,000円
Aランク 5,000円~90,000円 15,000円~35,000円
ABランク 3,000円~80,000円 10,000円~25,000円

オリンパスの人気の機種モデル

オリンパス E5

  • E-5

画素数:1310万画素(総画素)/1230万画素(有効画素)
撮像素子:フォーサーズ/4/3型/LiveMOS
連写撮影:5コマ/秒
重量:800g


E30 オリンパス

  • E-30

画素数:1310万画素(総画素)/1230万画素(有効画素)
撮像素子:フォーサーズ/4/3型/LiveMOS
連写撮影:5コマ/秒
重量:655g

オリンパスのカメラと買取の特徴

オリンパスのカメラは防水加工されている機種が多く、アウトドアでの撮影に特に高い評価がつけられています。

頑丈なのも取り柄でハイブリットチタンコーティングがほどこされたボディは傷つきにくく、衝撃や寒冷に強い作り。

うっかり落としてしまったときやぶつけたとき、壊れたんじゃないかと焦るような場面でも意外と平気だったりします。

比較的にコンパクトなため荷物が多くて困るようなときでもあまり邪魔にならないのも好かれるポイント。

最近はキャノンやニコンなどに押され気味ですが、風景写真を撮るのには最適なので特に自然を被写体にしているユーザーから根強い支持があり、カメラ本体のデザインもスタイリッシュなのが人気です。

レンズはと言うとマウントにフォーサーズというデジタル一眼レフ専用の規格のものが採用されており、同じフォーサーズであればメーカーを問わずに利用可能なんですが……。

ただ、過去に販売されているレンズと互換性の全くないのが注意点。

探しているユーザーが多ければ買取に出すときに思わぬ高値のつく物もあるかもしれません。

ソニーのカメラの特徴

ソニーはもっぱらコンパクトサイズのデジカメを主に取り扱っていたんですが、デジタル一眼レフカメラの市場拡大に伴い新規参入を果たしました。

光学手ぶれ補正をいち早く導入するなどユーザーの使いやすさを重視していることがうかがえます。

レンズマウントは事業撤退したミノルタ(コニカミノルタ)の使用していたαマウントを継承しユーザーを確保しています。

パナソニックのカメラの特徴

ソニー同様に家電メーカーからの新規参入です。

これまでのアナログ的な操作性をカメラに残すことにこだわり、他のメーカーとの差別化を図っています。

レンズマウントはフォーサーズを採用。

これからの開発にも期待したいところです。

 
おすすめ買取業者ランキング【カメラ編】